実際にパソコンの前に座りつねに上がったり下がったりしている市場を見ていると、どことなくエントリーをしなくてはいけないという思いが生まれる人も少なくありません。仕事 辞めたい アフィリエイト

しかし、あやふやな直感でエントリーすることは、決してしてはいけません。

ご存知の通り、相場は終日いつでもどこかの国のマーケットはオープンしているし為替レートも休みなく変動している。

そうであっても、注文をすると、それだけ損をする危険性が上がります。

もちろん、売り買いの回数を重ねることによって、じょじょに勝利する確率が50%、50%になっていきます。

でもこれは「なんだか分からない勘で取引」とは別問題です。

売買回数を増やすという意味は「ここがチャンス」と直感したチャンスを持った状態での取引回数を重ねるという意味である。

特段の理由も無く、のべつ幕なしトレードを繰り返すのとはかなり違う。

外国為替相場の駆け引きに負けないためには白分で主体的にメリハリをつけることが肝心です。

「ここはいける」と思った外国為替相場の時には、いっそポジションを多くして意識して儲けを求めます。

「ちょっと難しい外国為替市場で、どうなるか考え付かないな」と思い至った時は、持っているポジションを全部クローズして黙っています。

このぐらいのメリハリをつける方が、最後にエントリーはうまくいきます。

相場の金言には「休むも相場」というものがある。

文字通り言葉どおりだと感じます。

為替取引とは、常時売買ポジションを保持する事が全部ではなくどのポジションも持たないで待っている事も場面によっては、必要です。

それでは、どのタイミングで休むべきなのでしょうか。

第1に言われるのが先述した通り、現在の市場が曖昧でよく見えない時。

そこから高くなるのか安くなるのか決断できない時はヘタに動くと、自分の作り上げた脚本とは反対の方向に為替相場が変動してしまい、損する事になってしまいます。

そのため、そういった場面ではポジションを0にして、何もせずに様子をみるのが良い方法です。

もうひとつは、己の体の調子があまりよくない時です。

体の調子と為替相場に関係しないと感じる方もいるだろうが。

現実には思ったより関係がある。

体調が変な時は、外国為替市場の大切な場面で、落ち着いた判断を下すことが難しくなります。

気分が乗らない時はFXから距離を置くことも肝心な事です。