クレカの強制退会というものは、その名前が指す通り強制的にクレジットを退会(停止)されてしまうことを言います。強制退会となった場合言うまでもないですが当該クレジットカードがそれ以降は決済不可になります。強制没収扱いとなってしまうケースは色々)クレジットを強制的に失効扱いとなってしまう原因は多岐に渡ります。基本的にはいつもの支払いに関して使う等特別なことなくクレカを使っている際においては強制没収扱いとなる事情などは十中八九ないはずですから心配しないで欲しいと思いますが、強制退会となるかもしれないパターンというものを頭の片隅に入れておくということでクレジットカードをもっと安心して利用できるようにもなると考えるため後の文章ではそのひとつについて記述できればと考えています。まず言えるものはクレジット発行会社から信用をなくす行為をしてしまうこともしくはクレジットカード会社への損失となるような取引をしないのであればまずもって強制退会となることはないと言えます。健全に利用できるということが最も大切ですのでこれまでそのようなような行為をとったことのある人は今後はぜひ綺麗なデータとなるよう念頭において頂いたいです。そもそもクレジットの請求金額を返さない・・・このケースは甚だ論ずるまでもない行為であるのですが、使った費用をクレジットカードの発行会社に返さない請求の踏み倒しをする場合、もしくは常日頃から借入生活で請求の弁済が滞ってしまうなどというケースには必ず失効させられることになるでしょう。基本的にカード会社は利用者を信じて渡しているのですから、あなた自身が弁済を履行しない限り積み上げた信用残高は完璧に消え去ってしまうでしょう。このようなことから、クレカを使用できなくする手段でその後の被害を未然に阻止する対応をする必要があるので没収となってしまうのです。